sain(日本电影)

《sain》是2011年上映的剧情片,由原田知明执导,植原卓也、桜田通等主演。影片讲述了因患重病而失聪的童司,原本喜欢音乐而性格开朗的童司消失了,直到童司邂逅了舞蹈,遇到了一群好友,童司那颗冰冷的心渐渐融化了。

英文名:sign/sain

日文名:サイン

电视台:MBS

编剧:半泽律子

演员:植原卓也 / 桜田通 / 桥本 淳 / 柳泽贵彦 / 平间壮一

国家:日本

童司(植原卓也饰)是三年级学生,两年前的夏天因患重病而失聪了,从那时起终日无事可为,因此心中充满了怨愤:“为什么偏偏是我遇到这样的不幸?”。因喜欢音乐而性格开朗的童司消失了,对父母、对哥哥慎司(柳泽贵彦饰)、甚至对朋友们都不再敞开心扉。

然而,这样的童司邂逅了舞蹈。刚开始,童司还对舞蹈以及舞者们不屑一顾。不过,这只是自己耳朵听不见、无法跳舞的自卑心理在作祟而已。童司的三个同班同学成立了一个舞蹈队,他们是:被父母遗弃在福利院长大的みっ(桜田通饰)、为谋生而不得不放弃学业的ツナ(平间壮一饰)、不愿走上父母安排的人生的トビ(寺田拓哉饰),他们和童司一样都各自有着各自的烦恼。除此之外童司的生活中还出现了学弟なぎ(吉沢亮饰)以及一直默默守护着他们的太郎学长(桥本淳饰)。由于遇到了舞蹈、遇到了这样一群好友,童司那颗冰冷的心渐渐融化了。

世界上总有些事是无论如何努力都无法成功的,但我们不能因此就止步不前,尽管很痛苦也要不停地向前进。

(おおえ どうじ) - 植原卓也 本作の主人公。高校3年生。音楽が好きで、高校1年の时には軽音楽部に所属していた。それまでは明るい性格だったが、2年前の夏に大病を患い、聴力を失ったのを境に心を闭ざす。「KAVACHI」でダンスに出会うが、ぶつかった客を殴った时に壊した备品を弁偿するために、慎司に言われるまま10日间「KAVACHI」でアルバイトすることになる。当初はダンスに打ち込む頼光たちを马鹿にするが、やがて自身もダンスの世界に没头していく。SHOGOがデビューさせるダンスチームに诱われるが、自分の居场所ではないとデビューの话を断る。自分の可能性を探した上で大学に进学するために、1年间の浪人を咲子に愿い出る。公园で出会った菜津子に想いを寄せながらも、自分の障害に负い目を感じていたが、慎司の助言で「KAVACHI」でのラストダンスに诱い、交际を申し込む。音や声は全く闻こえないが、音量を大きくした音楽からは、伝わる振动からリズムを感じ取ることが出来る。

(みずもと よりみつ) - 桜田通 童司のクラスメート。爱称は「みっちゃん」。亲に舍てられ、养护施设で育つ。现在は施设を出て一人暮らしをしており、医者を目指し、大学に进学するための费用を株取引で稼いでいる。クールな性格で、自分にも他人にも厳しく、当初はダンスを马鹿にする童司とたびたび対立したが、风邪で寝込んだ时に看病にきた童司たちの好意に触れて思わず涙し、绊を深めていく。自分を舍てた母亲を许せずにいたが、卒业式目前に电话をかけるも留守电で会话ができなかった。しかし席をはずした间にかかってきた母亲からの电话に纲たちが「KAVACHI」でのラストダンスを知らせ、再会を果たす。对哥哥慎司(柳泽贵彦饰

(さかた たろう) - 童司たちの先辈で、慎司がアルバイトしているクラブ「KAVACHI」のスタッフ。爱称は「たろ先辈」。喘息の持病があり、ダンスを踊れない代わりに頼光たちに「KAVACHI」のステージを提供し、彼らの梦を阴ながら温かく见守っている。一绪に暮らすあゆみの借金を返済するために、深夜のコンビニ弁当作りと着ぐるみショーのアルバイトを挂け持ちしている。家赁滞纳で家を追い出され、あゆみとともに「KAVACHI」に住むことになる。ダンスチームの解散式と飞の结婚祝い当日、酔っ払った状态で买い出しに出かけた途中、车道に飞び出したところを车にはねられ亡くなる。享年20。

(おおえ しんじ) - 柳泽贵彦 1歳年上の童司の兄。浪人中で、クラブ「KAVACHI」でアルバイトしている。みんなからは慕われる反面、恋爱には晩生で、4歳の时から片想いしているゆかになかなか想いを伝えられずにいたが、告白の末振られる。しかしその後も谛められずにいる。大学に合格し、家を出ることになっている。

(わたなべ つな) - 平间壮一 童司のクラスメートで、爱称は「ツナ」。いつも笑颜を绝やさない明るい性格で、チームのムードメーカー。童司にもわけ隔てなく接し、一绪にダンスをやらないかと最初に诱った。生活を支えるために学业の傍ら働かざるを得なくなり、学校を辞めるべきか悩んでいたが、刚の退院後、渡辺运送の副社长となり、家业が好きになっていることに気づき、退学を决意する。中学に入ってすぐの顷、ケンカで殴った相手を失明させたことがある。

(いばらき とび) - 寺田拓哉 童司のクラスメートで、爱称は「トビ」。マイペースで穏やかな性格。父亲は歯科医で、裕福な生活を送っているが、家事全般は苦手。父亲と同じ歯科医になってもらうべく、歯学部への进学を望む亲の敷いたレールの上を歩きたくないと思い、大学受験をせずにダンサーになることを宣言するが、亲とケンカして家出し、頼光の部屋に転がり込む。しかし、交际していたさゆりが妊娠したことにより、高校卒业後に结婚し、生まれてくる子供と一绪に暮らす决意をする。そしてウェブデザインの会社に就职し、探してきた部屋の键を手渡しプロポーズする。ダンサーとしてSHOGOを尊敬している。

(ゆうき -) - 吉沢亮 童司たちの後辈で、爱称は「なぎ」。チームのマスコット的存在。太郎の死後、「KAVACHI」でアルバイトを始める。両亲と兄の4人家族。 宫内ゆか(みやうち -) - 小松彩夏(Stage 1 - 3、5・6) 慎司の幼なじみ。予备校の彼氏・西田がいる。 担任教师- 荘口彰久(Stage 2 - 4、6 - Last Stage) 童司・頼光・纲・飞の担任。卒业後の进路相谈に乗る。 さゆり - とっきー(Stage 7 - Last Stage) 飞の彼女。小学5年の时から交际していて、现在妊娠している。 菜津子(なつこ) - 藤冈みなみ(Stage 7 - Last Stage) 童司が公园で出会った保育士。 坂井阳一(さかい よういち) - 青柳塁斗(Stage 5 - 7) 16歳。SHOGOがメジャーデビューさせる童司のダンスチームのメンバー。ダンスに専念するために高校を中退。 SHOGO(ショーゴ) - 植木豪(PaniCrew、Stage 3 - 8) 超一流のダンサー。赌けダンスで踊った童司のダンスに才能を见出し、メジャーデビューさせるダンスチームのメンバーにスカウトするが、彼が聴覚障害者であることを売りにしようとする。 大江咲子(おおえ さきこ) - 橘ゆかり(Stage 1・2・5・6、Last Stage) 童司・慎司の母亲。 渡辺刚(わたなべ つよし) - 刚州(Stage 1・2・4 - 6、8、Last Stage) 纲の父亲。渡辺运送を営むが、腰痛に苦しみながらの仕事で无理がたたり入院する。纲には大学に进学してほしいと思っている。 坂田あゆみ(さかた -) - 藤仓みのり(Stage 1・3・5・7 - Last Stage) 太郎の母亲。惚れた男性に骗されやすく、ついお金を贷しては借金を増やしてしまう。太郎の死後、故郷に帰る。 飞の母亲 - 柳冈香里(Stage 2・4・7、Last Stage) 飞を父亲の通っていた大学の歯学部に进学させようとする。 頼光の母亲 - 小西早苗(Last Stage)

相关词汇