たま

たまは日本の音楽バンド。フォーク、ロックを主体にしながら非常に独创的な音楽性で异彩を放った。1984年〜2003年活动。(翻译:たま是主要在上世纪的1984年到本世纪的2003年活动的以日本的音乐、民谣、摇滚为主而打造出的很别具创意的精彩音乐组合。)

知久寿焼=ボーカル、ギター、マンドリン、ウクレレ、ハーモニカ

柳原幼一郎(现:阳一郎)=ボーカル、キーボード(オルガン、ピアノ、アコーディオン、键盤ハーモニカなど)、ギター

石川浩司=ボーカル、パーカッション、オルガン、笛

滝本晃司=ボーカル、ベース(『しょぼたま』ではトイピアノ、键盤ハーモニカ)

パブリックイメージでは「たまのボーカル」と言うと知久・柳原を指す事が多いが、実际は全员が均等にむらなく作词作曲およびボーカルをとる。楽器はアコースティックギター、ベースに加えアコーディオン、足踏みオルガン、リコーダー、桶(桧制)・锅・空き缶などを駆使したパーカッションを用いるなど、生楽器を中心としながらも型にはまらぬ构成、そして郷愁を诱う幻想诗・童歌のような阴のあるシュールな歌词が特徴。柳原脱退(1995年)以降は、アコースティックな音の中にシンセサイザーやサンプラーを取り入れた曲を作っていった。

初期[编集]

北千住のライブイベントで知久と石川が知り合い、暗めという似通ったキャラであった事から意気投合。その1年後に両国のライブイベントで柳原に出会う。これらの相次ぐメンバーの出会いが、たま结成の切っ挂けとなる。

1984年11月11日それぞれライブハウスにてソロで音楽活动をしていた知久、石川、柳原により「たま」结成。 バンド名は特定の意味を持たないものにしたとの事。正式结成前には「かきあげ丼」という仮バンド名で一度ライブを行なっていた。

1986年滝本が加入し、4人编成に。ベーシストを募集したところ、応募が滝本だけだった事が起用の理由。滝本曰く「ライブハウスで共演して以来たまのファンになった」との事。しかし滝本は、当时ベースは弾いた事がなかったと言う。

1988年よりインディーズレーベル『ナゴムレコード』に参加。

イカ天出演[编集]

1989年11月11日、ナゴムから発売されるLP「しおしお」のプロモーションを兼ねてTBS系深夜番组『三宅裕司のいかすバンド天国』(通称:イカ天)にエントリーナンバー2番で出演。キャッチフレーズの“かなしい気持ちはとっても不安定”をそのまま体现するかのような楽曲「らんちう」や、都会风の派手な若者の集団という世间一般における「バンド」の概念からかけ离れた、一昔前の地方の青年を彷佛とさせる容姿で、视聴者に大きなインパクトを与えた。登场时のナレーションでも「また危ないのがやってきた」と言われている。

この时期は“色物”とカテゴライズされるバンドの登场が目立った(キングもカブキロックス、サイバーニュウニュウと2代続けてパフォーマンス重视のバンドだった)ことから、この回のスタジオには「イロものバンド扑灭キャンペーン実施中」という横断幕が掲げられていたが、たまはバンドとしての実力と独特の不思议な世界観も余すところなく伝えきり完奏。

审査员の中岛启江は「"能ある鹰は爪を隠す"かもしれない」「涙出てきちゃった、それと同时に笑いも出てきちゃった」、グーフィー森は「変でしたね。こういうの分かるって言っちゃいけない、分からないんだけどいい」と评しておりたまの世界に引き込まれた様子であった。

この回は番组史上初の外国人バンドTOKIO ROSEがチャレンジャー赏を有力视されていたが、これに竞り胜って见事チャレンジャー赏の栄冠に辉き、サイバーニュウニュウを审査员投票5対2で倒して14代目イカ天キングとなる。

グランドキングへの道~マルコシアス・バンプとの激闘[编集]

イカ天时代のたまを语る上で外すことができないのが、グランドイカ天キングを赌けた12月9日放送のマルコシアス・バンプとの対决である。

キングとなったたまはその後も胜ち続け、2周目となった11月18日の放送分ではのちに大ヒットとなる「さよなら人类」を歌い、「突然明るくなった」と好评を博し、审査员7名全员の支持を获得するストレート胜ちでチャレンジャーの高校生バンドTRIDENTに圧胜する快挙も成し遂げた。

その後も3周目(11月25日放送分)には「オゾンのダンス」で坂本プロジェクトを、4周目(12月2日放送分)には「ロシヤのパン」でTimeless Childrenを顺当に下し、3代目グランドイカ天キングにリーチをかける。

しかしここで强敌が登场した。当时廃れていたグラムロックを复活させて挑んできたマルコシアス・バンプ(楽曲は「バラが好き」)である。チャレンジャーとしてはもとより歴代キングの中でも强者の部类に入る彼らの演奏は审査员の绝賛を受け、圧倒的な差でこの回のチャレンジャーに选ばれた。

しかし、キングとして迎え撃ったたまの楽曲「まちあわせ」は、マルコシアスの重厚・豪华な演奏とは正反対の、ほぼアカペラのごく短い楽曲(後日メンバーは「负けるつもりでこの曲を选んだ」と心中を语った)で审査员を唖然とさせ、マルコシアス・バンプのメンバー、秋间経夫が「だってすごいんだもん…」と自信を失くすほどのインパクトを持っており、票决は割れた。司会の三宅には「意外な曲できちゃったね」「5周目にこれで来ることないじゃない、ねえ」「审査员の皆さんみんな困っております」「土表が违う」と言わしめた。

结果として接戦の末4対3とたまが一枚上回って制し5周连続胜ち抜き、第3代グランドイカ天キングを达成したが、败北したマルコシアスにも审査委员长・萩原健太より「翌周仮キングスタート」の提案がなされ、审査员も甲乙付け难い心情から全会一致でこれを支持。最终的に制作サイドも承认し、番组史上初となるその场で败者复活决定という异例の措置が取られた。

彼らが出演していた时期(番组内の用语では「イカ天戦国时代」)はでも活动を継続していたり、後の音楽シーンに影响を与えたレベルの高いバンドが次々辈出しており、この时期を「イカ天の最盛期」、前述のたまグランドイカ天キング达成+マルコシアス仮キング决定回を「イカ天史上最高の回」「イカ天の顶点は武道馆ではなく、たまとマルコシアスの対决」などと评価するファンは多い。

なおこの対决以来、マルコシアスのベーシストの佐藤が、たまの各メンバーのソロアルバムに参加・滝本が佐藤にベースを贷す(共にギブソン派である)等、両バンドのメンバー间には亲交がある。

たま现象・メジャーデビュー[编集]

『イカ天』出场後、彼らの周囲の状况は剧的に一変。「たま现象」と呼ばれる社会现象的な人気となり、テレビ・ラジオ・雑志など各メディアにも引っぱりだことなった。当时ナゴムレコードが抱えていた负债も、彼らの音源売り上げにより完済された。なお「たま现象」の语は1990年の『现代用语の基础知识』にも収録された。

1990年、シングル『さよなら人类』でメジャーデビュー。宝酒造「纯・アレフ」のCMタイアップとなり、オリコン初登场1位、売上げも58.9万枚を记録。NHK红白歌合戦への出场も果たす。同曲は後に『BEAT BAND KARAOKE天国』(东芝EMI(现:EMIミュージック・ジャパン))や『Young Pops Best Hits』(日本クラウン)など、当时のヒット曲を集めたオムニバスアルバムにも収録されている。

メジャーデビュー以降初のCM出演となった川崎制鉄(现・JFEスチール)のCMでは、各メンバー4人分のテイクが制作され、それぞれのテイクでCMソングとして使用された楽曲の制作者が、最後にキャッチコピーの「ピテたまトロプス・川崎制鉄」を言うという仕様だった(「らんちう」-知久、「まちあわせ」-石川、「オゾンのダンス」-柳原、「海にうつる月」-滝本)。後に4人全员で「カオス・パワーだ。川崎制鉄」と言うバージョンも制作されている。

『イカ天』内のコーナー『ロックロックこんにちは!』でも「密着たま现象を追え」とのタイトルで特集が组まれ、子供までも彼らの歌の歌词を全て覚えているという社会现象ぶりが审査员に冲撃を与えた。姉妹番组「别册イカ天ベスト天」の特集「こんなバンドに谁がした!」でも异彩を放つトークを展开している。

NHK「ミッドナイトジャーナル」で特集が组まれ、その日コメンテーターとして出演していた竹中労は彼らを「日本のビートルズ」と称し「彼らのことは绝対本に书く」と绝賛、その後1990年11月に「たまの本」を上梓した。

息の长い活动[编集]

1992年、友部正人との共作『けらいのひとりもいない王様』をリリース。その後、より自由な活动を求めて所属事务所から独立し、夏に个人事务所たま企画室を设立、レーベルを日本クラウンから东芝EMIに移籍した。

1992年顷にはバンドブームも下火になり、「オゾンのダンス」以降は次第にヒットチャートやメディアに现れることも无くなっていったが、マイペースに活动を継続。吉祥寺などのライブハウスで「月例会」と称した月一回の定期ライブも行っていた(2002年1月まで)。またライブハウスや会馆等のコンサートホールだけでなく、普段はライブの行われる事のない寺や酒蔵、洞穴と言った场所でもライブを行う「どこでもツアー」と称したライブツアーを行っていた。

1995年、自主レーベル・地球レコードを设立、インディーズでの楽曲リリース。

1995年末のライブを最後に、柳原がソロ活动に専念するため脱退。

1996年からは3人での活动となる(通称3たまと呼ばれる)。ライブでは斉藤哲也(ナタリーワイズ/アンダーカレント)やライオンメリィ(ヴァージンVS/ヤプーズ/メトロファルス/エコーユナイト)らをキーボードのサポートとして迎えた。その一方で、サポートミュージシャンを入れず、3人で各自小型の楽器を使い、より手軽でチープな雰囲気を狙った『しょぼたま』という编成でもライブを行った。

1996年6月、アニメ『ちびまる子ちゃん』のED曲として作られた『あっけにとられた时のうた』でメジャーレーベルに复帰。

1997年吉田戦车の漫画『ぷりぷり県』のイメージアルバム『パルテノン银座通り』をリリース。

2001年NHK教育テレビ『おかあさんといっしょ』挿入歌『ハオハオ』の作曲・演奏を担当(编成は上记の「しょぼたま」に相当。知久はウクレレ、滝本は键盤ハーモニカ)。5月に番组のファミリーコンサートにゲスト出演し、『ハオハオ』で歌のおにいさん(杉田あきひろ)・おねえさん(つのだりょうこ)と共演(知久は2番以降でボーカルも担当)した他、栗原正己作曲の『あめふりりんちゃん』では栗コーダーカルテットとも共演した(このときの模様は、番组からビデオ・DVDが発売されている)。7月、剧団ナイロン100℃主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチ作の舞台『室温〜夜の音楽〜』に出演、役者および剧中曲を担当。

2003年3月、剧団ダンダンブエノのダンス公演『いなくていい人』に出演。

2003年10月、吉祥寺STAR PINE'S CAFEでのライブ「たまの最期!!」をもってバンド解散。解散公演の最终日、ホフディランのワタナベイビーが飞び入り参加し、柳原脱退以後封印されていた『さよなら人类』も演奏された。

解散後[编集]

各メンバーはソロあるいはバンド、ユニット形式での音楽活动を続けている。

知久と石川は、たま活动时と平行してロケット・マツ率いる14人编成バンド『パスカルズ』に参加。

石川は同じイカ天出演バンドでありキャラクターが似通った突然段ボールともたびたび共演している。

知久と滝本はロケット・マツが『パスカルズ』と并行して活动している「2ni」に参加。また、知久は、滝本のソロアルバム「水槽の中に像」にギターやウクレレ、笛、ベトナムのカエル型の木制楽器であるモーコック、コーラスで参加したり、コーラスアレンジを手挂けている。

2008年8月8日夜、8月9日昼/夜吉祥寺Star Pine's Cafeにて『たまの10年前の约束ライブ』と题したライブをしょぼたま编成で行った。

2008年5月下旬 、ライブ概要が公式サイトで発表された。

このライブは、1998年のファンクラブ壱岐ツアーの参加特典として『10年後の2008年8月8日たまのライブにご招待しますチケット』が参加者全员にプレゼントされていたために実施された。

一般贩売分のチケットは全てプレイガイド売りだったが、初回発売の8日夜公演・9日夜公演ともに発売数分で完売し、チケット完売に伴い急遽决定した追加公演分の9日昼公演も即ソールドアウトとなった。

2010年12月、たま解散後の彼らの活动を追ったドキュメンタリー映画『たまの映画』が、テアトル新宿にてレイトショー公开。监督は本作が剧场映画デビューとなる今泉力哉。

その他、柳原を除く残りのメンバー、知久・石川・滝本の3人は各々のライブイベントで共演し、数曲のみセッション(いわば「一时的な再结成」)もたびたび行っている。

2008年4月27日山口マオ主催の千叶県・千仓潮风王国アートフリーマーケットにて、しょぼたま编成で数曲演奏。

2010年1月14日阿佐ヶ谷・Loft Aにて行われた『ニヒル牛おっさん7』で3人が共演。滝本がベースで、なおかつ正规のサポートキーボードが入る编成は、解散以来初。

2011年3月19日西荻洼・THE“ロック”食堂にて行われた震灾募金三夜连続ライブ「伪善者たちの夜~第一夜~」で3人が「まちあわせ」を演奏。この模様はUSTREAMで配信された。

2011年5月1日、3年前の2008年千仓潮风王国アートフリーマーケットと同じく同会场に3人が揃い、しょぼたま编成で数曲演奏される。

相关词汇